可能性LABO’s Blog

〜私たちの可能性、まだまだこんなもんじゃない〜

リーダーシップの本質とは?

リーダーシップ。

 

誰もが1度は向き合う問題。

どのようにリーダーシップを発揮すれば良いのか。

 

会社において、

チームの中で、

または子供に対して、

部下に対して、

バイト先で、

学校で、

などなど

 

リーダーシップを発揮しなければ

ならないことってありますよね。

 

f:id:mdchideki:20171029172844j:plain

 

 

自分の可能性を引き出そうと思うのなら、

自分の意識において、

意識のリーダーシップを取らなければいけません。

 

今回はリーダーシップとはなんなのか、

どのようにリーダーシップを発揮したら良いのか、

リーダーシップとその可能性について深めていきたいと思います。

 

リーダーシップ=方向性の提示。

リーダーシップは英語で書くとLeadership.

leader と ship に分解できますね。

 

leaderとは

lead + er 

つまりleadする人。

 

導く人。案内する人。

先導する人。

といったニュアンスですね。

 

そこにshipが続きます。

shipは船。

船の中でも大きな船がshipです。

(小さな小舟はboat

 

さて、リーダーシップについて考えていきたいんですが、

まずはじめに、そもそもリーダーシップがどのような時に必要なのかを考えたいと思います。

リーダーシップが必要な条件・状況です。

 

みなさんいかがでしょうか?

どんな時にリーダーシップを必要とするか?

会社や、チーム、家庭、仲間との間において、、

 

それは

「みんなでこの先どのようにしていこうか? 」

と、どうしたらいいかを決めかねる

またはみなの意見がまとまらないというような時ではないでしょうか。

 

これはつまり、ある集団が

「方向性を見失っている」

という状況です。

 

どこにどう進んだらいいかわからない。

どっちに進めばいいのかわからない。

どのような選択をすればいいのかわからない。

私はAだと思うが、ある人はBと言い、ある人はCと言う。

 

Aに確信的自身がないからBでもCでもいいような気もするけど、

他の人も同じ感じ。

ある人はAにこだわり、ある人はBにこだわる。

 

例えばこんな状況ですね。

「誰か決めてくれよ。誰かリーダーシップを発揮していれ」

という状況です。

リーダーシップ=方向性の提示なのです。

 

そして文末のShip.

shipは大きな船です。

 

古代において、もしくは近代においても、

道に迷うともっともやばいのは海です。

 

山で迷ったら下に行けば大丈夫。

砂漠で道に迷ったら木(水)がある方向。

しかし海で迷うとやばすぎます。

 

荒波が襲って来ますが、まっくらだといつどこからどの程度の高さの波が来るのかわかりません。

当然そんな波に飲まれて死んでしまうクルーが出てしまいます。

 

そこで船団を率いて、光を照らし

「こっちの方角だ!」

とみなが進むべき方向性を示す船が必要なのです。

 

まさにLeadershipです。

 

このリーダーシップがあることで、

他の船団・船員たちも命を落とすことなく、

進むべき方向性を確認することができるのです。

 

はいっ、今日はここまでっ!

なかなかに濃い内容となりました。

また次の記事でお会いしましょう〜