可能性LABO’s Blog

〜私たちの可能性、まだまだこんなもんじゃない〜

可能性を縮めてしまうのは◯◯。なんでそーなるの??

 今日もご訪問ありがとうございます。

 

「自分の中にも、もっと可能性あるんじゃないか?」

ということ、思えて来てますでしょうか?

このBlogが少しでもみなさんにとって価値ある情報となりますように。。

 

f:id:mdchideki:20171016053221j:plain

 

 

自分自身・人間本来の可能性というのは本来底知れぬものがあります。

 

人間はほんとうにすごいです。

自分たちの可能性を疑わず「やるんだ!」と

決断したことは、本当に実現までもっていっちゃいますね。

 

石ころの中から鉄を抽出し、加工し、空飛ぶ飛行機に変えてしまう。

爪にも満たないサイズのチップに、世界中そして人類歴史全ての書物の全データを入れてしまう。

 

地球の外があることを知り、そこに止まらず、果ては地球の外まで到達してしまう。

今後間違いなく民間人宇宙旅行も可能になるでしょうし、

地球以外の惑星に居住する人も出てくるでしょう。

 

やっぱ人間てすげー。。。っすよね。

 

・・・て、おっと、いかんいかん。

余談だけで終わってしまうやん!

 

はい、今日の内容いきまーす!

あ、まずは前回の読んでない方はそちらから!↓

kanousei-labo.hatenablog.com

 

自分の可能性を縮めてしまうもの。

諦めの原因・挫折の原因。

うまくいかない原因。

 

それは。。

 

自分勝手な思い込み

 

にあると前回お伝えしました。

 

これはね〜文字にするとほんと1秒で理解できる話ですけど、

めちゃめちゃめちゃ大事なんですよねほんとに。

 

でも、もうほんとにこれだけなんです。

 できないという思い込み。

ほんとそれだけ。

 

「自分はおとなしい人間だ」

「自分の稼げる額はこのくらいだ」

「自分はしゃべり下手だ」

「自分には〇〇のセンスがないんだ」

 

こうした考え方って相対的なもの。

 

「いや、誰がなんと言おうと俺はおとなしいんだ!」

「いや、誰がなんと言おうと俺に月収100万は無理だ!」

「いや、誰がなんと言おうと俺はべしゃりが下手だ!」

「いや、誰がなんと言おうと俺には〇〇のセンスがない!」

 

そんな、謎の自信持ってる人いますか?(笑)

いないですよね。

もし持っていたとしたら、一刻も早く捨て去ってくださいね!w

 

そしてこのやっかいな思い込みですが、なんでこれが発生するのか。

それを知るのが大事です。

 

思い込みの約90%は幼少期に記憶される

エンジンがない車は走ることができないように、

実は人間もエンジンなしに走ることができません。

 

人間も車と同じようにエンジンを搭載してる

ということです。

 

・・・え?搭載してないって?

 

ま、そうですよね(笑)

 

・・・いや、でも搭載してるんですよ実は!

 

目には見えないけど、紛れもなくみなさんエンジンを搭載しているんですよね。

それが「無意識エンジン」と呼んでいるものなんですけど。

 

これが「思い込み」の根底にあります。

つまり、これが、あなたの無限の可能性を開かせるにあたっての

阻害要因となってるってことなんです。 

 

強烈な思い込みがあるから、私たちは生きていける

無意識エンジンは無意識です。(そりゃそうです)

無意識ってことは意識じゃないってことです。(それもそうです)

 

意識じゃないってことは自分ではわからないんです。

自分ではわかんないけど、それを使ってるんです。

自分ではそんなつもりないけど、そのために生きてるんです。

 

・・・どゆこと?

 

わかりやすいので車で理解しましょう。

車と同様私たちの心にもアクセルとブレーキがあります。

 

アクセル踏んでる時は調子いいです。

スピードも出て気持ちいいです。

どんどん前に進んでいきます。

 

でもなにかの拍子で私たちはブレーキを踏みます。

そうすると車はストップ。

全然前に進めない。

調子悪い状態はこれです。

 

例えば。

私の場合のエンジン(アクセルとブレーキ)はこうでした。

 

アクセル=自分の気持ちをわかってもらいたい

ブレーキ=自分の気持ちはわかってもらえない

 

これ、ほんとさらっと書いてますけど、ほんっっと気付いた時、

びっくりものです。ぶったまげものです。

 

だって、人生全部これなんですもん。

全部このエンジンで動いてたんですよ。

 

学級委員を頑張るのも、勉強頑張るのも、部活頑張るのも、

かわいい彼女をつかまえようとするのも、就職先に求めるのも、

部下ができて部下に要求する仕事の仕方のその背景も、

全部そこには、この自分のエンジンがありました。

 

そしてこのエンジンの対象となる主語は

「母親」

です。

 

自分の気持ちをわかってもらいたいのは「母親」にです。

自分の気持ちをわかってもらえないのは「母親」にです。

 

どうにもわかってもらいたかったみたいなんです。母親に。

自分の本当の本当の気持ち。

 

この「無意識エンジン」。

中身は違えど、人間誰しも似たように持ってます。

搭載してます。

 

そして、これが重要なんですが、

 

エンジン載せ替えたことありません。

 

普通、同じエンジンで一生を終えます。

 

自分のエンジンが例えば原付レベルだったらどうです?

高速乗れませんが大丈夫です?

遠く行く時めっちゃ不便ですけど大丈夫です?

正直他にもっと壊れにくくて、丈夫でピカピカのもあるけど大丈夫です?

 

カローラ級から、ベンツ級から、フェラーリ級からあるし、

飛行機エンジンレベルまでもありますけど、どうします?

 

エンジンが変わる=無意識のモチベーションが変わる意味でもあります。

あなたはどこまでのレベルで人生を生きていきたいでしょうか。

 

まずは自分の無意識を発見する、セッションやってます。(2万円/3~4時間 月10人、対面のみ)

 

お問い合わせは

mdc.hidekiyoshimura@gmail.com まで。

 

強烈な思い込みとなっている無意識エンジン。

ちょっと悪く聞こえたかもしれませんが、その根底は基本的に親の愛です。

 

愛があって、その愛をまっすぐ受け取ることができず、子供は幼少期にひょんなことから決断をします。

 

。。。長くなってきたので、今日はこの辺で。

 

また書きますね。